会社沿革・社史

昭和10年(1935年)大工職人『嘉市(かいち)』(祖父)が塩見工務店創業

昭和35年(1960年)『嘉輝(よしてる)』(父)が大工を志す。

昭和43年(1968年)『嘉輝(よしてる)』(父)が二代目代表取締役に就任。
『嘉市(かいち)』(祖父)65歳で引退・・・。

平成元年(1989年)舞鶴市真倉に作業場を建築

平成4年(1992年)隆宏(長男)が職業訓練校卒業後塩見工務店入社

平成7年(1995年)法人設立し、『有限会社塩見工務店』へ

平成13年(2001年)智則(次男)大阪から帰省し、有限会社塩見工務店入社。

平成15年(2003年)シックハウス症候群が社会的問題に・・・。シックハウス症候群の心配のない木と自然素材の家づくりにチャレンジ。

平成18年(2006年)隆宏 2級建築士取得。『塩見工務店2級建築士事務所』開設。

平成19年(2007年)智則2級建築士取得。

試行錯誤の末、木と自然素材の家『木楽な家』(隆宏自宅)建築。
会社名を『木を愛する・・・塩見工務店』に改名。
家を見て頂きながら木の家の良さを伝え、木の家づくりのお仕事をお世話になりました。

平成25年(2013年) 智則自宅建築。現在、自宅兼モデルハウスとして公開中です。

平成27年(2015年)隆宏三代目代表取締役就任。智則専務取締役就任。父嘉輝生涯現役。
『私たち塩見工務店は一生に1度の家づくりを大切にして健康に快適で暮らしたい!毎日の暮らしを楽しみたい!お客様のために思わず深呼吸したくなる本物の木と自然素材の家の魅力を伝え広めていくために家づくりしていきます。』を使命に頑張っています。

 

ページ上部へ戻る